エンジニアとしてのスキルアップを!

エンジニアのスキルアップに注目される言語「Python」

エンジニアとしてのスキルアップを!

LINK

年収ランキング1位の「Python」

年収で選ぶならおすすめ 年収ランキング1位の「Python」

Pocket

Pythonでできること

数あるプログラミング言語の中でも、スキルアップしたいエンジニアに今人気なのがPythonです。Pythonと相性がいいのが人工知能やWebアプリです。「AI」に対する注目度は高く、世の中からの期待も大きく膨らんでおり、人工知能を取り入れた開発現場は今とても勢いがあります。そして、SNSで人気のInstagramやオンラインストレージシステムのDropboxなど、ビジネスにもプライベートにもよく使用されている人気のツールはどれもPythonで開発されています。また、スマートフォンの普及に伴って利用者も増えたソーシャルゲームの開発にもPythonが利用されつつあり、今後もその需要は増えることになると予想されます。

なぜPythonが人気なのか

Pythonが多くのエンジニアに人気の理由は、やはり稼げるからです。プログラミング別の年収ランキングでは、数あるプログラミング言語を抜いてトップで、Pythonエンジニアの需要が急増している現状の中、エンジニアの数が追いついていないということが、年収額を引き上げる要因ともなっています。Pythonは、コードがとてもシンプルにできているので、開発から保守に至るまでの管理がしやすいというメリットがあります。そのため、コストをたくさんかけなくても十分に運用できるという費用対効果の高さも魅力的です。

エンジニアの数はまだまだ少ない

プログラミング言語は、その時によってトレンドがあるものです。JavaやPHPのような安定的にトレンドの上位であり続ける言語もあれば、急に人気が上がる言語もあります。そのような中で、Pythonはそれほど目立った言語ではなかったのは事実ですが、近年ITシステムに求められている機能とPythonの相性の良さが、その人気を後押しする結果となっているのです。しかし、Pythonに対する注目が集まり始めたのはまだ最近ということもあって、Pythonを扱うことができるエンジニアがまだまだ多くはないのが現状です。そのため、Pythonエンジニアを探している企業は多くても人材の数が足りず、貴重な人材を確保するために報酬が高くなるという現象が起きているということなのです。

将来性のあるPythonを今から身につける

いくら今の状況が良かったとしても、将来的に見込みがない言語であれば、その魅力は一時的なものでしかありませんが、Pythonの場合、人工知能やアプリ開発などのように今後さらに発展していく余地のある分野で活用できる言語なので、今から身につけておくようにすればエンジニアとしての価値をさらに高いものにすることができるでしょう。

スキルアップのために読みたいおすすめ記事!