エンジニアとしてのスキルアップを!

フリーランスエンジニアで稼げる人とは

エンジニアとしてのスキルアップを!

LINK

稼げる人と稼げない人の差

「差」はここにある 稼げる人と稼げない人の差

Pocket

稼げるエンジニアと稼げないエンジニアがいる

フリーランスのエンジニアは稼げる仕事です。しかし、フリーランスになれば誰でもたくさん稼げるようになるかと言えばそうではなく、あまり稼げない人が数多く存在するという事実も受け止める必要があります。しかも、稼げない人の多くは、フリーランスとして十分に通用するだけのスキルを持ち合わせており、稼げる人との差もなくむしろ上回っていることすらあるのです。では、どのような点で差が出てしまうのでしょうか。

技術力と稼ぎは比例しない場合も

技術があるエンジニアの方が何かと有利なことは確かですが、稼いでいるフリーランスの中には、技術力に長けているわけではない人も大勢います。エンジニア同士であれば、技術力の評価をすることは簡単かもしれませんが、クライアントはそうとは限りません。しかし、どのエンジニアに仕事を依頼するかを決定するのはクライアントです。技術的なことについて詳しくないクライアントなら、求めていることさえしっかりとこなしてくれる相手であれば、信頼できそうな人に依頼したいと考えるでしょう。

コミュニケーション力で差がつく

フリーランスのエンジニアは、技術力があって当たり前とみなされます。高い技術力はもちろん、幅広い対応力があればなお喜ばれるでしょう。しかし、それ以上に重要とも言えるのがコミュニケーション力です。どれだけ能力があっても、扱いにくい人であれば結局は仕事に支障が出てしまいます。稼いでいるエンジニアの多くは、この点でとても優れている人が多く、謙虚な姿勢で相手からの信頼を勝ち得ています。逆に、相手の話をよく聞かず、自己中心的な態度を見せてしまうようなエンジニアは、当然クライアントからは敬遠されてしまいます。また、仕事をしていれば何らかのトラブルやミスなどが起きてしまうこともありますが、そこでどのような対応をするかで、信頼されるエンジニアになれるかどうかの差が出ます。迅速で誠実な対応ができれば信頼されますが、いい加減な対応をしてしまえば次の仕事の依頼はなくなってしまうでしょう。

適正な単価設定でしっかりと利益を出す

フリーランスは自分で単価設定をすることができますが、何とかして仕事を取りたいため、あまりにも弱気な単価設定にしてしまうと、いくら仕事をしても稼げなくなってしまう可能性があります。薄利多売のスパイラルに一旦陥ってしまうと、そこから抜け出すのはかなり難しくなってしまうので、常にスキルアップを心がけながら質の高い仕事を提供し、自分の能力に見合った適正な報酬を受け取ることができるよう、クライアントとうまく交渉できるだけの営業力を身につけることも大切です。

スキルアップのために読みたいおすすめ記事!